武澤 勝典

担当理事  近藤 匡基
委 員 長   武澤 勝典
副委員長  吉田 茂


 我々の国日本は、自国のみでは存在し得ない状況であり、さまざまな製品の原料となる石油はもちろん、石炭、天然ガス等の資源、食料品その他いろいろな物を輸入に頼っています。また、過去最高の訪日観光客数を記録するなど、海外とのつながりはますます強いものとなってきております。

 このような状況の中、他国の方とのコミュニケーションはどのように取るのか、自分は対応することが可能なのか、更にはそれを糧に成長できるのか、ということを考えたことがあるでしょうか。まずはコミュニケーションを試みるという事が大事だと考えます。初めは、意思の疎通は困難かもしれません。しかし、伝えたり理解したりするための方法や手段を知れば段々と相手の考え方や環境、背景などが見えてくるはずです。そして、何かを得ようという意欲で他国の方と交流を持つことにより、今まで考えもつかなかった発想が生まれます。そんな経験を当事業で経験してもらい、この機会を通して、ビジネスにもプライベートにも活かせる国際人としての発想力を身につけていただきたいです。

「国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう」と指針でも謳われています。それは近い将来、環境の変化により他国の方とつながりを持つ機会が増える我々が改めて見つめなおさなければならない事です。今、国際化が求められています。当委員会では鯖江YEGならではの内容となる、青年経済人としての資質向上につながる事業を行っていきます。


1.国際研修例会の実施(8月)
1.国際研修例会の実施(1月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

委員会一覧

  1. 山田 佐太郎

    私はこの鯖江YEGに入会する事で、多くの人に出会う事ができ、人前で話す事も苦手だった私も少しずつ成長させていただいています…

  2. 竹内 稔雄

    我々鯖江YEGはこれまでの取り組みの中で様々なことに挑戦し、その活動を通じてメンバー同士の連携や結束を築き上げ親睦を深めてきました…

  3. 上本 悟志

    ここ数年、緩やかな回復基調が続いていると言われている日本経済ですが、中小企業は依然として厳しい経営状況を強いられています…

  4. 八田 亘

    近年、少子化が進んだことや若者が就学や就業の際に県外に流出していること、また、福井県の有効求人倍率が…

エンジェルタッチ

◎アカウント
◎パスワード
◎サブネーム

最近の記事

鯖江YEG Facebook

ページ上部へ戻る