基本方針

鯖江商工会議所青年部 平成31年度 スローガン

未来への架け橋 〜つながる仲間、かがやく未来〜

 2019年度(平成31年度)は新しい元号に変わる初年度となります。歴史を振り返れば幾度となく新たなステージを生み出す時代の節目というものがありました。そして、いつの時代も青年経済人達は、世を思い、地域を愛し、勇気と情熱をもって、未来に向けての第一歩を踏み出してきました。

 全国の商工会議所青年部(以下YEG)は今、転換期を迎えています。全国的に中小企業・小規模事業者数は減少の一途を辿っており、商工会議所会員企業数もまた減少しているなか、全国のYEG会員は、年間約1,000名増加し続け、34,000名を超える団体へと成長し続けています。また、全国のYEGが、地域の未来を創造する提言活動へと動き始め、先進的な事例や採用例も出始めています。これも、YEGの取り組みが「地域経済の成長のエンジン」となる事への期待の表れであり、時代がYEGを求めている証だとも言えます。

 同時に、鯖江YEGも今、大きな転換期を迎えています。鯖江YEGは発足から40年を迎え日本YEG全国大会ふくい鯖江大会(仮)の開催を翌年に控えるなか、私達は、しっかりと過去を振り返り、5年10年先を見据えながら、新たなステージへ向けた第一歩を踏み出す時代の節目に今、あるのです。

 未来への一歩を踏み出し、かがやく未来へと辿り着くには、しっかりとした組織の基盤が必要です。やはり組織の基盤は人です。会員同士のつながり、商売のつながり、地域とのつながり、親会や行政とのつながり、そして全国のYEGとのつながり。そのどれもが人と人とのつながりです。そのつながりをより一層深め、強固にすることが、YEGへの連帯と帰属意識を高め、YEG愛を育むことにつながり、基盤となります。そして、人と人とのつながりの連鎖を生み出し結束させることが、この先、鯖江YEGの目指す未来へとつながる「未来への架け橋」となるのだと、私は考えます。

未来への夢や希望。心から願うものほど、たくさんの困難が待ち受けています。辿り着かないかもしれないという不安。苦しい思いや恥ずかしい失敗。胸がはりさけそうになり、逃げ出したくなる。そんな困難が待ち受けています。しかし、困難は未来へと導く成長の糧です。成長なくして夢の実現はありません。一人では不可能なことでも仲間とのつながりがあれば、失敗を恐れず勇気をもって挑戦し続けることで、ともに成長し夢を実現できると信じています。鯖江YEG40周年を機に、今一度、YEGの存在意義、YEGに所属する意味、そして、鯖江YEGの未来を見つめ直しながら、ともに学び、ともに未来への一歩を踏み出していきましょう。鯖江の「かがやく未来」を創るのは、私達です。

1.委員会活動ならびに役員会の充実を図る
1.総会、例会、事業の充実を図る
1.会員同士のつながりを強め活気に満ちた鯖江YEGを目指す
1.青年経済人としての資質の向上を図る
1.会員事業所と鯖江の商工業の発展のために邁進する
1.商工会議所や地域行政との連携を図る
1.YEG同士の交流を図る

1.総務、広報事業の実施
1.組織活性事業の実施
1.事業所活性事業の実施
1.地域活性事業の実施
1.OB・OG、全国YEG、他団体との交流を深める事業の実施
1.日本YEG、近畿ブロックYEG、福井県連事業への参加、協力
1.鯖江YEG創立40周年記念事業の実施
1.2020年度日本YEG全国大会ふくい鯖江大会(仮)に向けた事業の実施

PAGE TOP